マリッジリング・婚約指輪の定番&安いデザインの特徴とは?

マリッジリング・婚約指輪の定番&安いデザインの特徴とは?

マリッジリングや婚約指輪は、結婚という多くの場合人生に一度しかない特別なイベントのために、その後の長い結婚生活を象徴するアイテムとして作るものです。

そうした重要なアイテムですからこそ、定番のデザインや、安くて高品質な指輪の特徴を知っておきたいも方も多いのではないでしょうか。今回、結婚指輪の定番や、人気の素材やデザイン、安く高品質な指輪の特徴を解説します。

1.定番の素材:やはりプラチナが圧倒的に人気!

結婚指輪や婚約指輪は、日本の場合多くの人が素材にプラチナを選んでいます。多くの結婚関連メディアによる調査によって、プラチナは日本人のおよそ8割が選ぶデザインであることが判明しているのです。その差は圧倒的といえるでしょう。 なぜこぞってプラチナを選ぶのかといいますと、まずは非常に美しい白い輝きを放つ素材という点があげられます。プラチナは漢字で白金と書くように白い金属であり、光を受けると白く輝きます。このプラチナの輝きは派手すぎることもなく、かといって主張が乏しいこともなく、一目でプラチナとわかる特徴的なものでもあります。 また素材として変形や変質・変色をしにくい、きれいな状態を長く保ってくれる丈夫な素材であることも人気の理由のひとつです。結婚指輪はとくに、日常生活の中で常に着用し、かつ長い年月をつけっぱなしで過ごすアイテムです。「生活するうえで劣化や変形が気にならない素材であるのが一番」という理由でしょう。そしてプラチナは、ジュエリーに最も適した素材という特徴もあります。金属の素材として、ほかの金属よりも粘りが強く変形しにくいことから、宝石をしっかりととめられる点も大きなメリットです。

2. 定番のデザイン:ストレート・V字・ウェーブ

結婚指輪や婚約指輪の定番デザインは、主なものでは3種類があります。 まず最もポピュラーで定番中の定番といえるデザインは、「ストレート」と呼ばれるものです。円形でストレートにかたどられた、シンプルな指輪としてのスタンダードな形です。さらにワンポイントで宝石があしらわれたデザイン、細かい宝石をちりばめたデザインなど、ストレートだけでも多種多様です。 「V字」デザインは指輪の一部分、主に手の甲側にあたる場所だけをV字に変形させてデザインしているものを指します。ストレートほどではありませんが、これも比較的定番です。またご年配やセレブ層に人気のデザインとなっていて、ストレートよりも形が複雑なぶん派手さがあります。フォーマルな仕事をしている人には少し派手すぎる場合もありますので、職場との兼ね合いを考えて検討しましょう。 「ウェーブ」は人気ブランドでも多く取り入れられている、リング全体が緩やかにS字にカーブしているようなデザインです。シンプルな中にも控えめなかわいさを求めるのなら、ウェーブデザインは最適です。「ストレートだと地味すぎるけど、V字だとちょっと派手」そうしたときにおすすめなデザインです。

3. 定番の宝石:やはり外せないのは「ダイヤモンド」! カットの仕方で輝きが決まる!

結婚指輪は長く飽きずに着用し続けていくデザインが求められているため、なるべくシンプルにさりげなく仕上げることがポイントです。ただしせっかくの一生ものとなる結婚指輪は、相手との特別な指輪であることもあって、特別感も演出したいものです。 シンプルさの中にラグジュアリー感を生み出すうえで、うってつけの定番の宝石は、宝石の王様「ダイヤモンド」です。 ダイヤモンドは硬度が最も高い宝石のひとつです。結婚指輪の定番として、非常に人気の高い宝石でもあります。硬度が高く傷もつきにくく輝きを失いにくいダイヤモンドは、毎日着用していても劣化しにくく、家事や仕事によって忙しい毎日でも輝きを保ち続けてくれます。ダイヤモンドはわずかな量でも輝きのレベルが違いますので、大きすぎても小さすぎてもよくありません。大きさとしては大体0.2ct(カラット)~0.3ctが定番かつポピュラーです。 またダイヤモンドの特徴として、「カットの仕方で輝きが決まる」というものがあります。専用のスコープでのぞいたとき、カットの仕方が優れているものには独特な弓矢の模様と、ハートマークが映るのです。これをH&C(ハート&キューピッド)といい、カットレベルの高いものにはH&Cの鑑定書がついていることもあります。

4. 指輪の決め手は安くて高品質であること!

結婚指輪や婚約指輪は一生ものの記念になるため、「せっかくならば高いものを」と値段に注目して、「高ければ高いほどいい」と思ってしまいがちでしょう。しかし理想をいうならば、「安くて高品質」なのが一番です。指輪にはさまざまな作り方があるため、値段の大小もクオリティもピンからキリまであります。安くて高品質な指輪を選ぶなら、M-studioでオーダーメイドや手作りコースに挑戦してみましょう。 既製品や既存ブランドでのセミオーダー、フルオーダーだとどうしても値段が高くなってしまいがちです。かといって既製品を買うのも、それはそれで高くついてしまいます。そういったときにはプロの職人がしっかりとサポートしながら、指輪の基礎は自分たちで作るという「手作りコース」がおすすめです。 M-studioでは金属と指輪の幅によって設定されるベース料金と、石や刻印などを加えるオプション料金があります。ベース料金はプラチナ900でも、8万円~16万円程度です。オプション料金はひとつのオプションにつき数千円~1万円ほどで、かなりリーズナブル。うまく組み合わせますと、10万円ほどのご予算からプラチナの結婚指輪が作れます。しっかりとプロの職人がブラッシュアップやサポートに徹しますので、品質は折り紙つきです。

5.まとめ

今回は結婚指輪の定番の素材や、安くて高品質な指輪を作るための方法などを、一通り解説しました。未来永劫ふたりの大切な絆を表現する結婚指輪は、定番というものもしっかり把握しつつ、ぜひとも自分たちだけのオリジナリティを追求してみてください。 福岡市の手作り指輪店「手作り指輪のお店M-studio」では、オーダーメイドや手作りコースなどさまざまなサービスを提供しており、とくにオリジナリティにこだわった安くて高品質な指輪を制作できます。

手作りコースにはフォトアルバムやムービーもつきますので、指輪と一緒に思い出もお持ち帰りいただけます。どうぞお気軽にご相談ください。

2020年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031